水戸市に学べ!国より先を行く「子供の英語教育」!!


img01

2020年の東京五輪が決まったことにより、子供の英語教育が次々と見直されています。そのなかでも今回は、国が提唱する施策よりも一歩先を行く、水戸市の子供英語教育に関するニュースをお届けしましょう。

現代における子供の英語教育は、私たち親世代の英語教育と比較にならないほどの変貌を遂げています。

 

水戸市が行う「オール・イン・イングリッシュ」とは?

img02

水戸市では今年度から、幼稚園と小学校の一部の授業で「オール・イン・イングリッシュ」を試験的に導入したと発表しました。文字の通り、授業のすべてを英語で行うというものです。子供がうっかり日本語を使ったとしても、先生は英語で言うように促します。

水戸市と国の施策で大きく違う点は、「オール・イン・イングリッシュ」を取り組み始める年齢です。国では中学校からの「オール・イン・イングリッシュ」を提唱しているため、水戸市は国の施策よりも低い年齢からの英語教育に取り組み始めた、ということになります。

水戸市の「オール・イン・イングリッシュ」の授業では、英語の絵本の読み聞かせや、ゲームなどを行いました。楽しみながら英語を使うため、子供の中には英語に対する興味を覚え「友達と英語で会話してみたい」という子も出てきています。

こういった低年齢からの英語教育が重要視される背景には、「臨界期」と言われる期間が注目されたことに一因があります。この臨界期というのは、脳が発達していく過程において、子供の期間にしか利用できない「言語獲得装置」をフルに使える期間をいいます。この臨界期を上手く使うことで、ネイティブ並の言語を獲得できるというのです。

しかし、臨界期の年齢は6歳までという説や12歳までといった説もあり、研究者によって幅があるのが現状です。

 

子供の英語教育に大切なのは好奇心!

img03

上記から、「低年齢から英語教育をすべきではない」という結論になるわけではありません。子供の吸収力には、目を見張るものがあります。子供の適性や好奇心を刺激して、親が上手く伸ばしていくことが大切です。

そこで気をつけていただきたいのは、「今、しなくてはいけない!」などと、親の焦りから過度に子供に対して英語教育を押し付けたりしてしまうことです。そのような行動は、かえって子供が親への信頼感を失うといった悪影響を与えかねません。

子供の英語教育は、長期的な視点をもって、段階的に取り組む必要があります。大切にして欲しいのは、子どもの好奇心です。友達と遊ぶように、家族と過ごすように、楽しいと思えることが、早期の英語教育では最も重要ではないでしょうか。

 

ネイティブのような英語の発音を希望するなら

img04

 

水戸市の「オール・イン・イングリッシュ」の授業は、月に1、2回を予定しています。ネイティブの英語と触れ合い、英語に興味をもつきっかけを作るという点では、十分だと考えられます。

しかし、低年齢からの英語教育を考えている親御さんの多くは「将来子供には、自分たちのように英語での会話で困らないで欲しい」という意見を持っていらっしゃいます。その点から考えると、月1、2回の授業だけでは心もとないですよね?

英語は言語です。ネイティブのような発音を希望するのであれば、毎日ネイティブの英語を子供の耳に触れさせるのがベストです。そして英語を聞くだけではなく、英語を使うことも欠かせませんので、英会話に興味を持った子には、出来るだけ毎日英語を聞いてしゃべれる環境を作ってあげましょう。


オンライン英会話リップルキッズパークを詳しく知りたい方はこちら

オンライン英会話リップルキッズパーク,無料体験レッスン申し込みはこちらから

*
*

pagetop