【医者】を目指すなら子供のうちから「英語」を学ぶべき理由


【医者】を目指すなら子供のうちから「英語」を学ぶべき理由

親が「子供に将来就いて欲しい職業」のなかで不動の人気を誇るのが医者です。

ただ、医者になるには高い学力と高い技術力が必要です。

早ければ幼稚園から塾に通い、小学校受験、中学校受験、高校受験、大学受験と常に勉学に励んでようやく一握りの人がなれるくらい狭き門といっても良いでしょう。

その分医者に与えられる特権や報酬は大きいですし、人々の生活に欠かせない重要な職種であることは間違いありません。

「何とか医者になるために」「子供を医者にするために」と考えると、目の前に控える受験で精一杯になってしまいがちです。

しかし、それでは今後の医者としての活躍に不安が残ります。

せっかく難関校の受験を合格して医者になっても、医者の中の落ちこぼれになってしまうと資格を十分に活かせなかったり、劣等感に苛まれてしまったりとあまり良いことはありません。

医者になるための方法にばかり目を向けるのではなく、「医者としてどう活躍するか」など医者になった後をしっかりと見据えることも大切になってきます。

医者になるために必要なこと

【医者】を目指すなら子供のうちから「英語」を学ぶべき理由

医者になってから活躍するために必須なのが英語力です。

受験勉強の中である程度の英語はできるようになりますが、医者に必要なのは医療的な専門書を読んだり論文を書いたり、あるいは英語の講義を受けることやコミュニケーションをとることです。

今は医療分野に限らず、様々な分野で世界との繋がりが強くなっています。

国内の製薬会社にも外資系は多数みられますし、医療機器も国産の物ばかりではありません。

また、外国人労働者や旅行者が非常に増えている中では、随所で英語力が求められるようになってきています。

町の診療医であれば地域の方に焦点を絞って仕事をしていれば良い場合もありますが、大学病院や急性期病棟など医療の最前線で活躍ためには、幅広い知識と英会話によるコミュニケーション力が欠かせないといえるでしょう。

最前線の技術は海外から学ぶことも多い

国内に導入されていない医療技術でも、海外では普通に行われていることはたくさんあります。

国内の専門医で「○○の第一人者」と呼ばれるような人の多くは、海外で技術を学び実践を経ることで修得し、帰国しています。

もちろん国内の技術を海外に広めることもありますが、いずれにしても「学ぶ」「伝える」ためにはコミュニケーションとして英語力が必要です。

ただ、残念ながら日本における医者の英語力は非常に低いといわれており、技術や知識が十分でも英語力が低いだけに第一線で活躍できない医者も数多くいます。

 

まずは医者になることが重要ではありますが、医者になってから付け焼刃の英語力を身に付けては満足なコミュニケーションを図ることが難しい場合もあります。

将来のリスクを少しでも減らすには、子供のうちから英語の基礎をきちんと身につけておくことが、将来一歩先に進んだ医者として活躍できることに繋がるのです。


オンライン英会話リップルキッズパークを詳しく知りたい方はこちら

オンライン英会話リップルキッズパーク,無料体験レッスン申し込みはこちらから

*
*

pagetop