【年齢別】赤ちゃんから4歳まで 子どもの英語教育方法


【年齢別】赤ちゃんから4歳まで 子どもの英語教育方法

お子さんが小さいうちから英語教育をしていきたいと思われる親御さんも多いと思います。

小さな子どもの英語学習は、年齢によって適した方法が変わってきます。

それぞれの時期におすすめな英語学習の方法をご紹介してきます。

英語を学ばせるのに適した年齢とは?

まず最初に書かせていただきますが、「小さな子どもに何歳から英語学習させるべきか」について今現在、科学的な結論は出ていません。

「ネイディブ並の英語力を身に付けるにはできる限り早めに英語学習を始めた方がよい」といった声がある一方で、「日本語もままならないうちから日本語と英語を両方学習させると、頭が混乱し言語能力の発達が遅れてしまう」という意見もあるようです。

以降でご紹介する内容はあくまで目安となり、お子さんの成長に合わせて微調整していく必要があるとお考えください。

0歳~2歳の英語学習

0歳~2歳は、聴覚が優れた時期となります。このため、「音」を利用した英語学習がおすすめです。

「たまに英語で話し掛けてみる」「洋画を流しておく」「英語の音楽を流しておく」などすると、潜在的な英語力が上昇し、日本人が苦手な「L」と「R」の聞き分けなどができるようになったりします。

この時期にあまり本格的に英語を学ばせようとすると日本語の発達が遅れる可能性もあるので、さりげなく学ばせていくのがポイントです。

2歳~4歳の英語学習

2歳~4歳になると、日本語が少しずつ身についてきますので、並行して英語学習ももう一歩踏み込んでいくことが可能です。

ただし、子どもはこの時期から好き嫌いの感情がはっきりとしてきます。興味がないのに無理に英語学習を行うと、一向に身につかずストレスだけ溜まるという事態になりかねません。歌やダンス、絵本などを利用して「英語が楽しい」と思えるような学習方法とするのが効果的です。

【年齢別】赤ちゃんから4歳まで 子どもの英語教育方法

5歳~の英語学習

5歳を超えると日本語が母国語としてほぼ確立しますので、思う存分英語学習が進められるようになってきます。

とは言えまだ子どもなので、急に英語教材を用意するなど、無理矢理に英語学習を強要するとやはり逆効果です。5歳頃の子どもはおゆうぎや歌、ゲームなどアクティビティが好きな年頃。子ども向けの英会話教室やカルチャースクールに通い、周囲のお子さんと触れ合いながら英語を学ばせるのが効果的な場合が多いです。また、外国人のいるスクールなどに通い、早いうちからネイティブとの会話を行うとより英語力の向上が期待できます。

小さなお子さんの場合、年齢毎に適した英語の学習方法は変わってきます。また、年齢だけでなくお子さんの性格や興味関心などを考えた上で学習方法を工夫してみてください。


オンライン英会話リップルキッズパークを詳しく知りたい方はこちら

オンライン英会話リップルキッズパーク,無料体験レッスン申し込みはこちらから

*
*

pagetop