英語を習わせて良かった!もらってうれしいプレゼントとは?


2

国際化が進む現代において、英語は習得すべき必須ツールと言えるのではないでしょうか。「語学は子供のうちから」とよく言いますが、小さい頃から耳を英語に慣れさせておけば、小・中学校の英語が得意科目になるかもしれません。子供だって得意になれば使ってみたいというもの。そこで、子供からもらって嬉しかった英語によるプレゼントはどのようなものか、アンケートをとってみました!

【質問】
英語を習い始めた子どもからもらったら、思わず喜んでしまうプレゼントはどれですか?

【回答数】
英語で書かれた手紙:29
英語の歌の披露:18
英語での自己紹介を披露:17
海外のお友達ができる:11
テレビで外国人が話している内容を翻訳してくれる:25

心がこもった贈り物!手紙が一番

最も多かったアンケートの回答は、英語による手紙でした。

・習い始め限定なら、手紙が一番感動するかも。日本語の手紙でも感動しますが、慣れない英語で一生懸命書いてくれたらたった1行でも涙腺がやばいです。(40代/女性/自由業・フリーランス)

・日本語でもうれしい手紙を習いたての英語で一生懸命書いてくれたらとてもうれしいと思います。(30代/男性/会社員)

・やはり手元に残る手紙は嬉しいです。一生懸命勉強して書いてくれたんだなあと何度も読み返せますし。(30代/女性/専業主婦主夫)

回答者の多くは、手紙自体がうれしいけれど、習いたての英語で一生懸命書いてくれるその健気さに感動するようです。また、手紙はずっと残ることと、後から何度も読み返せるという意見も多くありました。たしかに、とっておける手紙は子供が大きくなった時にも見せてあげられるし、記念にもなりますね。子供にとっても、昔書いた手紙を親が大事に持っていてくれるのは、うれしいことかもしれません。

英語を理解してくれることがうれしい

英語の手紙に次いで、テレビの英語の番組を翻訳してくれること、英語の歌や自己紹介の披露、海外に友人ができることが続きました。

・翻訳ということは、話を聞くことや、理解すること、それを人に伝えること、ができるということ(30代/女性/会社員)

・歌は人を幸せにするし、歌うだけじゃなくて一緒に踊ったりもできてコミュニケーションをとることができるから。(10代/女性/専業主婦主夫)

・自分で考えて、自分の言葉で、自分の力で良いので、自己紹介してくれると、大したことでなくても嬉しいです。(30代/男性/会社員)

・子供の自立心に繋がるとともに、広い世界に目を向けるチャンスになるため。(30代/男性/会社員)

アンケートによると、自分で考えて表現できるようになれば英語力がついた証拠でうれしい、という意見が多くありました。翻訳ができれば英語を平均的に理解しているという証明になり、また、英語での自己紹介についても、英文を作り出すのは高い英語力が求められるので、親としてはうれしくも頼もしいと感じるようです。
歌の披露では、子供だけではなく親と一緒に歌うなど英語を介したコミュニケーションが取れるようで、親子で一緒に英語を楽しく学べることが伺えます。
また、海外に友達ができると多様な価値観を得られるため、子供の将来を考えると良い機会と考える人が多いことが分かります。

英語学習は単に英語を学ぶためだけではない!

今回のアンケートでは、英語を子供達に習わせることによって、様々な経験を積ませる機会があることがわかりました。英語の歌や、海外の価値観に触れるチャンスを早いうちから子供達に与えるのは、将来的にとてもプラスになりますね。また、英語は親子のコミュニケーションを助ける役割もあるので、一緒に歌を歌ったり英語で会話をすることで、子供のことをより理解できるようになるかもしれません。例え親が英語を話せなくても、子供に翻訳してもらえばそこでコミュニケーションが生まれ、より一層子供との絆が深まるのではないでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年04月23日~2015年05月07日
■有効回答数:100サンプル


オンライン英会話リップルキッズパークを詳しく知りたい方はこちら

オンライン英会話リップルキッズパーク,無料体験レッスン申し込みはこちらから

*
*

pagetop