子どもに英会話を習わせたい、そんな時どう説得しますか!?


キャプチャ

子どもを自然な英会話の話せる大人に育てたい、そのために、なるべく早い段階から英会話を学ばせたいという方も多いのではないでしょうか。もっとも、子どもにとって遊ぶ時間も大切であり、塾に通いたがらないかもしれません。この場合、親としてはどのように説得すればいいのか、頭を抱えるものです。他の家庭ではどのように説得しているのでしょうか。子どもを説得する方法について、アンケートをとってみました

子どもの年齢に応じて、説得方法は使い分けましょう。

リップる

アンケートの結果、英会話を話せることによるメリットを伝えるという回答が最も多く、英語の必要性を強調するという方もいました。

・楽しい遊びだと思わせて、勉強というよりも遊びに近いという感覚だということを話して習わせたいです(20代/女性/会社員)

・外国のおもちゃやアニメ、興味をひきそうな文化などを紹介し、それを楽しむ手段として英語を習うように説得する。(20代/女性/学生)

・まず英語のビデオなどを見せて興味を惹いた上で、英会話教室に行けばお友達と楽しく英語のお勉強が出来るよと誘います。強制は嫌なので子どもが自主的に楽しく学べるような流れに持って行きたいです。(20代/男性/自由業・フリーランス)

・これからの国際化社会に間違いなくついていけなくなること、自分の世界が広がり、自分の人生の中での選択肢が増える。(30代/女性/会社員)
・あなたの将来の為に必要である事を強く説明します。自分が塾に連れて行きます。(60代/男性/無職)

・早いうちに習った方が英語が自然に身につきやすいからと説得します。(30代/女性/専業主婦)

幼い子どもの場合、将来の英語の必要性について具体的にイメージすることは難しいかもしれません。この場合には、遊びの延長線上にあるということを伝えて、楽しく学べるような環境を作ってあげることが大切でしょう。おもちゃやDVDなど子どもの興味があるものを示せば、子どもにとっても、英会話を話せることによるメリットが分かりやすくなります。これに対して、小学校に通えるほどの年齢の子どもであれば、英語の必要性の高さを強調する方法も大切かもしれません。

子どもの立場に立って説得することが大切です。

リップる2

大人である親からすれば、国際社会で通用する人間となれるなど、英会話を学ぶことの必要性は理解できます。もっとも、子どもがそのメリットを理解できるとは限りません。このため、英会話を学ばせようと説得するにあたっては、子どもの立場に立って、「英会話を学ぶことの楽しさ」を強調する方がより説得的だと多くの方がが考えているのでしょう。あなたも子どもを説得する際には、必要性ばかりを強調するのではなく、楽しさもあわせて伝えてみてはいかがですか?


■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2015年05月19日~2015年06月02日
■有効回答数:100サンプル

 


オンライン英会話リップルキッズパークを詳しく知りたい方はこちら

オンライン英会話リップルキッズパーク,無料体験レッスン申し込みはこちらから

*
*

pagetop