日本初!子供専門オンライン英会話のリップルキッズパーク

エンジェル先生、マリス先生、ハナ先生、ベル先生の無料実地研修にご協力をお願いいたします。

スタッフブログ 過去ログ

2010年4月16日 チャップリン。




はいどうも。
リップルキッズパークの小林です。

本当に雨ばっかりですね(笑
こう雨が続くとちょっと面白くなってきましたよ。


さて、今日は「チャップリンの日」です。
チャップリンといえば、言わずと知れた喜劇王。
20世紀最大の映画作家・喜劇俳優として、
世界では今なおファンを増やし続けています。

チャップリンは、実は大の日本びいき。
生前は、日本人(高野虎市)を運転手として採用しました。


高野は運転から経理、秘書、護衛、看護夫など、
様々な役割を器用にこなし、チャップリンの遺書の中で、
相続人の一人に選ばれるほど絶大な信頼を得ていたそうです。

また、チャップリンは日本人の誠実な仕事ぶりに惚れ込み、
次々と日本人を雇い、全盛期には使用人が全員日本人でした。


チャップリンは、生涯で4回日本を訪れています。
彼は歌舞伎や相撲など、日本の伝統文化をとても愛し、
さらにチャップリンのステッキは、滋賀県産だったそうです。


爆笑問題の太田氏は、彼の大ファンとして有名。
ラジオやテレビでも、たびたびチャップリンの話題が出ます。

私は一時期、爆笑問題の深夜ラジオを聴いていたことがあり、
その影響でチャップリンについて調べたこともありました。


チャップリンは、生涯の中で多くの名言を残しています。
一部ではありますが、抜粋してご紹介いたしましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人生は近くで見ると悲劇だが、
遠くから見れば喜劇である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は祖国を愛しています。
でも、祖国に愛せと言われたら、
私は遠慮なく祖国から出ていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人生に必要なものは、勇気と想像力。
それとほんの少しのお金です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僅かな人間が決めた賞なんて、
そうたいした名誉ではない。

私のほしいものは大衆の喝采だ。
大衆が私の仕事を賞賛してくれたなら、
それで十分だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

失敗は重要ではない。 
自分自身を馬鹿にするのは勇気がいる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人としての人間は天才である。
しかし集団としての人間は、刺激されるがままに進む、
巨大で、野蛮な、首の無い怪物である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


チャップリンの言葉には哲学があると思うんですね。

貧困は当時そう珍しくもなかったかもしれませんが、
彼が極貧の中で見聞きした風景や肌で感じたものは、
作品の中に世相や政府への風刺となって表れています。

彼は弱者や貧困者の立場から、権力者を茶化し、
また下々の不平不満を怒りと笑いに変えて表現しました。


チャップリンの子供の頃の有名なエピソードに、
食肉処理場から逃げ出した羊の話があります。

まわりの人間は、逃げた羊を必死に追いかけますが、
逃げる羊も必死なので、人間も羊も方々にぶつかったり転んだり。

そんな光景を見て、周囲の人間は腹を抱えて笑う中、
彼は「あの羊は泣いているんだ…」と感じたといいます。


こうした感性って、ひとつの優しさだと思うんですね。
生い立ちが影響しているのかもしれませんが、
彼には独特でひねくれた、愛があるように見えます。



「一人を殺せば殺人者だが、百万人を殺せば英雄だ」

これは映画『殺人狂時代』の中に登場する有名な言葉です。
名言だけが一人歩きをして、大量殺人を賛美するかのように
受け取られがちですが、これも当時の世相に対する皮肉でした。


今にして思えば、彼の自己表現のが上手下手がわかりません。
世界中から愛されながら、同時に多くの人々を敵に回しました。

ただひとつ言えるのは、映画を20世紀の芸術たらしめた功績は、
誰も真似のできない、手放しに賞賛されるべき偉業だということ。

彼を知るほどに、彼が愛される理由がわかる気がします。
私たちのサービスもいつか、価値ある功績を残せたら最高ですね。

さすがにチャップリンと較べてはいけないと思いますが(笑


長くなってしまったので、今日はこのへんにします。
最後に希望のある名言をご紹介して終わります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

死と同じように避けられないものがある。
それは生きることだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の最高傑作は、次回作である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


リップルキッズパークは子供オンライン英会話。
安い、お手軽、外国人講師とマンツーマン。

あなたのお子様も、きっと世界に羽ばたく大人に!

http://www.ripple-kidspark.com/
					


このページの先頭へ

Friend me.
My mixi me.