日本初!子供専門オンライン英会話のリップルキッズパーク

エンジェル先生、マリス先生、ハナ先生、ベル先生の無料実地研修にご協力をお願いいたします。

スタッフブログ 過去ログ

2010年5月5日 パブロ・ピカソ。




はいどうも。
リップルキッズパークの小林です。

みなさん、GWはいかがでしたか?
今日がGW最後のお休みという方が大半だと思います。
まぁ中には9日まで休みという人もいますが・・・。

まったく羨ましい限りでございます(笑


さて、今日は「こどもの日」ですね。
みなさんはこどもの日の本当の意味を知ってますか?
実は子供のための日、じゃないんですよね。

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、
母に感謝するという意味を持つ国民の祝日、だそうです。

母に感謝する
母に感謝する
母に感謝する


もうお気づきですね?

最終的に回りまわって、
こどもの日は「母に感謝する日」なのです!


何ということでしょうか。
母の日の他に、さらに母の日があるなんて・・・。
GWは車の運転やらパパもめっちゃ頑張ったというのに。


まぁこの長いお休みを使って、
家族みんなが楽しめたらそれで何よりですよね。
子供向けのイベント盛りだくさんでしたが、
みなさんはどんなところに行かれたのでしょうか。


今夜はGW中にたまった疲れを十分に癒して、
明日からまた、元気に頑張っていきましょう!


さて、今回は絵にまつわるニュースをひとつ。
かの有名な画家「パブロ・ピカソ」の絵が、
美術品史上最高値で落札されましたね。

金額は日本円にして、何と「101億円」だそうです!


いや~、お金のあるところにはあるもんですねぇ。
美術品に100億円って、生活がまったく窺い知れません。
・・・もしかしたら美術館が落札者かもしれませんが。


すべての美術や芸術に関わる人たちは、
どこかにそんなサクセスストーリーがあるんじゃないかと、
日々夢見ている部分もあるんじゃないかと思うんですね。

生みの苦しみで作り出した自分の作品が、
世界的に認められ、高い価値がつけられていくというのは、
まさに芸術家(表現者)冥利に尽きるのではないでしょうか。


ただひとつ、ピカソが不幸なのは、
その価値が彼の死後にしか与えられなかったことですね。
生きてる間に報われる、そんな世の中にしたいものです。


さて、ここでリップルからあらためてお知らせをひとつ。
あなたのお子様もピカソになれるかもしれない新企画、
こどもの日にちなんだ夢のあるキャンペーンです。


題して、「思い出の絵」大募集!


あなたのお子様の、ゴールデンウィークの思い出を、
一枚の絵にしてリップルに送ってみませんか?

最優秀作品は、うちのサイトのトップ画像として公開!
さらに子供の日にちなんで、5,500円分の商品券をプレゼント!


あなたのお子様の作品が、全国の注目を浴びるチャンス。

準優秀作、佳作にも賞金がありますので、
ご興味のある方は、どうぞ奮ってご参加ください。

・準優秀作 3,000円
・佳作(3作品) 1,000円


●参加条件
 ・15歳以下ならどなたでも(リップルの生徒様でなくてもOK)
 ・絵の中に、必ず英文を一言以上入れてください

●締め切り
 2010年5月15日消印有効

●送付先
〒120-0005
東京都足立区綾瀬5-14-15-101
株式会社リップルキッズパーク

http://www.ripple-kidspark.com/


※ご送付頂きました絵はご返却できません。
 あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。 


					


このページの先頭へ

Friend me.
My mixi me.