日本初!子供専門オンライン英会話のリップルキッズパーク

エンジェル先生、マリス先生、ハナ先生、ベル先生の無料実地研修にご協力をお願いいたします。

スタッフブログ 過去ログ

2010年5月12日 ヨハネスブルグについて。




はいどうも。
リップルキッズパークの小林です。

早速ですが、今日はびっくりなニュースから。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/05/11/04.html

2010年6月から、サッカーW杯が始まります。
今大会は第19回目、開催地は南アフリカ。

ここにヨハネスブルグという都市があります。

実はここ、「世界最悪の犯罪都市」と呼ばれていて、
経済的な貧困、アパルトヘイト時代の鬱積した不満、
そして死因の一位でもあるエイズの蔓延によって、
深刻な絶望感が街全体を覆っていると言われます。

そのため、警察でも把握できないほどの殺人や強盗、
強姦が昼夜問わず頻発する最悪の治安を作り出している。


この情報がどこまで真実かはわかりません。
が、治安の悪さを理由にして、中継の華である
女子アナの現地派遣を各局ともに断念しました。

私にとってこれはとてもショックなニュースです。
なぜここまで治安の悪い国でW杯を開催するのか。
誰の利権のためか、またなぜ男性は派遣されるのか。

ニュースを読めば読むほどわからなくなってきます。


そしてもうひとつ。
ヨハネスブルグの状況を踏まえたうえで、
この企画はありなのかどうか問いたいんですね。

http://fifa.cocacola.co.jp/special/flag/


コカコーラ主催の「フラッグベアラー」。
試合開始前に選手を先導し、国旗を持って、
ピッチに入場する役割を担う子供たちのことです。

前回ドイツ大会でも、中学生18名を、
ジュニア親善大使としてドイツに派遣していました。

一度始めてしまった企画だから、
引くに引けなくなっている。

そんな大人の事情もあるのかもしれません。


ですが、何も知らず楽しいイベントとして、
かの国に渡航する子供たちを本当に守れるのか。

大人たちが現地派遣を断念した治安の中で、
子供の身の安全を保障できるのかどうか。


ここからはえげつない話になってしまいますが、
南アフリカでは、処女との性交によって、
エイズが治るという信仰が根強いそうです。

そのため、子供ほど強姦の被害に遭いやすい、
そんな噂がまことしやかに囁かれるほどです。


昨日のニュースを受けて、
コカコーラがどのような対応に出るのか。
私は注意深く見ていたいと思っています。

ご興味のある方は、ぜひ一度、
ヨハネスブルグで検索をかけてみてください。
子供たちに何も無いことを心から祈っています。



さて、話をがらりと変えます。
今日は久々にローカルなネタです。

うちのオフィスから100mほど離れた場所に、
パンのダックという小さなパン屋があります。

私はよく、そこのカレーパンを食べるのですが、
理由は給食のカレーの味がするからなんですね。
だから何とも懐かしい気分になってしまうのです。


実はパン屋の目の前が中学校で、
しかも校内販売用のパンを納めているそう。

どこか学校と結びつきがある雰囲気は、
そんなところから生まれてるのかもしれませんね。

ご近所のみなさん、ぜひ一度ご賞味あれ。



さて、こちらも締め切り間近!
リップルよりこどもの日キャンペーンのお知らせです。


題して、「思い出の絵」大募集!


あなたのお子様の、ゴールデンウィークの思い出を、
一枚の絵にしてリップルに送ってみませんか?

最優秀作品は、うちのサイトのトップ画像として公開!
さらに子供の日にちなんで、5,500円分の商品券をプレゼント!


あなたのお子様の作品が、全国の注目を浴びるチャンス。

準優秀作、佳作にも賞金がありますので、
ご興味のある方は、どうぞ奮ってご参加ください。

・準優秀作 3,000円
・佳作(3作品) 1,000円


●参加条件
 ・15歳以下ならどなたでも(リップルの生徒様でなくてもOK)
 ・絵の中に、必ず英文を一言以上入れてください

●締め切り
  2010年5月15日消印有効

● 送付先
〒120-0005
東京都足立区綾瀬5-14-15-101
株式会社リップルキッズパーク

http://www.ripple-kidspark.com/


					


このページの先頭へ

Friend me.
My mixi me.