予約・キャンセルのルール

予約のルール

・予約はレッスン開始の45分前まで可能です。

・会員ランクにより13日後から16日後の日付まで予約が可能です。
 ⇒例えばシルバーランクで今日が10日であれば24日までの予約が可能。

・翌日のスケジュールは夜10時(22時)近辺で更新されます。(ランクごとに異なります。)
ブロンズ:21時50分/シルバー:22時00分/ゴールド:22時10分/プラチナ:22時20分など
⇒例えばシルバーランクの場合、10日の22時00分に、25日のスケジュールが発表されます。

・週のレッスンは次週に持ち越し出来ません。
⇒例えば週2プランの方は月~日に必ず2回レッスンをする必要があります。

・早い者勝ちの考え方です。
 ⇒希望の先生、希望の時間に空きがない場合はずらして予約していただく必要があります。
 ⇒1週間で見ると充分な飽きを確保しておりますのでご安心ください。
 (例えば週の終わりに急に予約しようとすると空きがない事もありえますのでお早目のご予定決定にご協力ください。)
 ⇒どうしても希望の時間に予約が難しい場合は「お休み申請」で翌週以降への持越しが可能です。

・1日に複数のご予約が可能です。
⇒但し引継ぎ情報の更新は翌営業日の開校前(15:00)が期限なので、1日2回違う先生で受けたりすると引継ぎが間に合いません。
同じ先生でご受講頂くか、2回目以降の先生には口頭で前のレッスンの進捗をお伝え下さい。

※会員ランクによりサービスが変動します。
本ページはシルバー会員を前提にご説明いたします。

ランクごとのサービス内容はこちら »

キャンセルのルール

・キャンセルはレッスン開始の4時間前まで可能です。
・4時間前を過ぎると「消化扱いキャンセル」のみ可能です。

消化扱いキャンセルとは

通常のキャンセルと同様に、先生や他の生徒様から見ると「空」状態となります。
そのため先生に欠席が伝わりますし、他の生徒様が変わりに予約を入れることも可能です。

しかしその週のレッスン数にはカウントされるので、別の日に予約しなおすことは出来ません。
マイページ内の「予約状況」や「授業履歴」には「消化扱い」として残ります。

ご本人様からすると、消化扱いキャンセルをしてもしなくても、消化扱いは変わりませんが、欠席が確定している場合は他の方の為に出来るだけ「消化扱いキャンセル」をして頂きますようお願いいたします。

予約制限について

一部の先生には下記の制限が掛かっています。
対象の講師は予約画面等でご確認下さい。

「無料体験NG」の先生

下記の方はご予約頂けません。
・無料体験の方(ご入会前の方)
・休会中の方
・ブロンズランクの方

※普段ご予約頂けない人気の先生がキャンセルなどで偶然空いているところに予約してしまうと、お子様が気に入ってしまった場合、次回以降予約が出来ないのでお子様が悲しむ結果になることが御座います。
「無料体験NG」だけでは防ぎきれない問題なので、「この先生は今後も予約出来そうか」という点にご注意頂きご予約下さい。

「予約上限あり」の先生

1週間にその先生に対し、週○回プランの上限+1回までしかご予約いただけません。
例えば週3回プランの場合は、同じ先生に1週間で4回までしかご予約できません。

チケットや振替ポイントを使用しない限りは影響されない制限です。
チケットを大量にお持ちの方が、1人の人気講師を独り占めしないようにするためだけに存在する制限です。

※休会中は週0回+1とみなし、上限は1回です。

チケット関連

チケット予約

通常は5枚で1回分ご予約、割引適用時は3枚でご予約可能です。
割引は当日4時間を切った時間にご予約頂いた場合に適用されます。

※以前に予約しその後キャンセルしたレッスンは再度予約する際に4時間を切っていても適用外。

チケットの購入

ご購入から10日間、次の購入は出来ません。
週1回から4回プランの方は、一度に10枚・20枚の購入数を選べます。
週5回プランの方は、一度に10枚-80枚の購入数を選べます。(週6回以上のプランの代用)
(プラン未登録の方は購入できません。)

購入はリアルタイムではなく、購入処理、ご入金後、事務局の入金確認完了次第のご利用開始です。
今すぐ買って、今すぐ使用する、というご要望にはお答えできないことも御座います。

有効期限

ご購入完了から45日間がご利用期限です。
予約するレッスンの日が有効期限の基準ですので、45日後に翌日の予約をする場合、46日後の予約なのでチケットは使用できません。

期限切れしてしまったチケットは、4枚まで有効期限の延長が可能です。(端数がご利用出来ない場合を考慮)

振替レッスンについて

下記の場合にのみ振替レッスン(チケット)をご用意いたします。
・フィリピン側の突発的な回線不良によりまともにレッスンが出来なかった場合
・無料実施研修レッスンなどをご受講された場合
・「ご旅行などでレッスン出来ない場合の【お休み申請】」に該当する場合(後述)

講師の欠勤の場合は下記のルールとさせて頂きます(2011年7月28日改定)

【無料体験レッスン、チケット使用の場合】
⇒ レッスンをキャンセルし無料体験ポイント、使用した枚数のチケットを返却します。
お手数ですが別日に今一度ご予約下さい。

【その他の場合】
⇒ レッスンを消化扱いでキャンセルし、別途振替をご用意させて頂きます。
振替に置き換わるので、その週の内に再予約する必要は御座いません。
元々振替でご予約されている場合は+-ゼロになります。

※メールでのご連絡となりますことをあらかじめご了承下さい。
※携帯メールの登録がある場合はそちらにもお送り致します。
※大変予約の取りづらい人気講師であっても同じ対応となりますのでご了承下さい。

振替・チケット補償の目安(2012年8月20日追記)

★遅刻・中断等によりレッスン時間が25分に満たなかった場合の補償
(弊社側の原因の場合に限ります。コンタクト追加忘れなど、生徒様側が原因の場合は対象外となります。)

・25分未満 - 23分以上(2分以内のショート) ⇒ チケット1枚
・23分未満 -20分以上(5分以内のショート) ⇒ チケット3枚
・20分未満 ⇒ 振替1回分

★映像・音声の乱れにより正常にレッスンが実施できなかった場合
(弊社側の原因の場合に限ります。無線LANご利用の場合など、
生徒様側が原因の場合は対象外となります。)

・レッスン全体にわたって影響が発生した場合 ⇒ 振替1回分
・レッスンの一部に影響が発生した場合 ⇒ チケット3枚

※スカイプでは多少の映像・音声の乱れはどうしても発生してしまいます。
レッスンに影響がない範囲での映像・音声の乱れはご容赦ください。
※上記は目安です。状況によっては上記の通りにならない場合も御座います。

レッスンの録画について

ここでいう録画とは、レッスン中のPC・タブレット内のソフトウェアによってレッスンを直接録画することや、ビデオカメラやスマートフォンの動画機能等を使ってレッスンの様子を撮影することも含みます。
また、音声のみの「録音」「写真の撮影」についても同様の扱いとさせていただきます。

禁止行為

・先生に無断で録画をする行為
・先生が録画に同意していないにも関わらず録画する行為
・先生に録画を許可するよう強要する、圧力をかける行為
・録画した内容をSNS等を含むウェブ上などで不特定多数の観覧可能な状態にする行為

復習などのために録画をしたい場合

1.要望欄にて必ず先生に録画をしたい旨報告してください(予約をする場合は毎回、毎レッスン必ず要望欄に書いてください。)
 要望例 : [May I record this class?]
2.先生が嫌がった場合は無理に録画しないでください
 録画は弊社のサービス提供範囲には含まれません。
 あくまで先生の好意でOKしてくれた場合にだけ録画してください。
3.ご家庭内での観覧用と以外では使用しないでください。
 SNSでの投稿やウェブ上へのアップロード、youtubeなどの動画投稿サイトへの投稿などすべて禁止です。

※録画させてくれる先生が良い先生、拒否する先生は悪い先生、のような風潮が広まり先生が録画を拒否することが事実上できないような状況が発生した場合、大変申し訳ございませんが録画自体を全面禁止にさせていただく可能性もございますのでご了承ください。

早朝・日曜の事務局対応時間外のレッスンについて

2013年6月より、早朝の時間帯と日曜日のレッスンを提供開始いたします

月~金の7:00~14:55、日曜日の9:00~17:25のご提供を開始いたします。(今後変動していきます。)
必ず下記の注意点をご確認頂き、ご了承の上ご利用くださいますようお願いいたします。

事務局の電話サポート対象外となります

今までは事務局サポート時間内にレッスン提供時間を収めるようにしておりましたが、事務局サポート時間の拡大はコストの面でこれ以上は難しくなっております。

しかし、事務局のサポート無しでもレッスンをご受講されたい方は沢山いらっしゃいましたので、
「サポートなしでも良い」というご了承の元ご利用いただくという前提で、提供時間を拡大させて頂くことになりました。

サポート時間外のレッスンにつきましては、お電話等でのリアルタイムなサポートは出来ませんので、メール等でご連絡を頂いて、後日対応させて頂きます。

あくまで選択肢の増加とお考え頂き、「サポートなしはありえない」とお考えの方は、今までどおり事務局の開いているお時間にご受講頂ければ幸いです。

サポート時間外の対応

【1. トラブル発生時】
お電話でその場のサポートが出来ませんので、メールにて下記の情報をお送り頂けましたら、
後日対応させて頂きます。

・発生した現象を出来るだけ詳しく
(例えばカメラが写らなかった、だけですと先生のカメラが生徒様に写らなかったのか、生徒様のカメラが先生に写らなかったのか分かりませんので、そのあたりもご記載ください。)

・ご自身の環境を出来るだけ詳しく
(無線LAN利用の有無、ご契約の回線種類(光、ADSL、ケーブルなど)、パソコンのスペック(何年前に買ったなどでもOK)

【2. 講師欠勤時】
フィリピン側の管理担当者が機械的に「講師欠勤キャンセル」の処理をいたします。
朝方などは、連絡が直前になってしまうことも予想されます。
本来あってはならないことですが、ご理解頂ければ幸いです。
※スムーズにご連絡が行渡るために、メールのご確認、もしくは携帯アドレスのご登録をお願いいたします。

補償について

本ページの「振替レッスンについて」に記載のルールが適用されますので、最大で振替1回の補償となります。
あらかじめご了承くださいませ。

サポート外の開校時間

レッスン提供時間/サポート時間

日曜日のレッスン確保について

日曜日の出勤は、全ての先生が出来れば避けたいという思いがあるため、「毎週日曜日を担当する」という考え方にしてしまうと、人員を集めるのが困難です。
そのため、数週間に1回のペースで当番制出勤とさせて頂いております。

自分が当番の週は、それ以外の出勤日を代わりに休みに充てるため、普段ご提供がある曜日がお休みになってしまうことが発生してしまいます。
(日曜出勤の代わりにその週は火曜日にお休み、など)

大変ご不便をお掛けいたしますが、ご協力の程よろしくお願いいたします。

ご旅行などでレッスン出来ない場合の【お休み申請】

例えば1週間ご旅行に行かれる場合など、やむを得ない事情でレッスンを消化出来ない場合は、
事前にご連絡を頂いている場合に限り、レッスンチケットで未消化分を補填させて頂きます。

(※2016年4月11日より、補償でお渡しするのが振替レッスンポイントから有効期限45日のレッスンチケットに変更になりました。)


※「実は先週・・・」という事後報告は受付られませんのでご注意ください。
※未消化分をチケットに変換する措置ですので、ご予約されたままですと対象になりません。
必ず申請した週のレッスンをキャンセルしてください。
※未消化分を集計する必要があるので、実際のご用意は対象週の翌週になります。
※対象期間中にご受講頂いても大丈夫です。受講分を差しひいてチケットをご用意いたします。

例えば週3プランの方が、木曜日からご旅行に行かれる場合で、
水曜までに2回ご受講されていれば、チケットは1回分の5枚になります。

申請方法

下記の【お休み申請】専用の申し込みフォームより必要事項を記載して申請をしてください。

【お休み申請】お申し込みフォーム ≫

※上記のフォームはログインしてから使用してください。

理由の記載例

・旅行のため
・帰省のため
・インフルエンザのため
・パソコン故障のため
・引越しのため
※その他、全てのレッスンが消化しきれない状況

対象外の例

・お気に入りの先生が埋まってしまった
⇒ 出来るだけ他の先生でご受講下さい。

・希望の日、時間が埋まってしまった
⇒ 出来るだけ日付や時間をずらしてご受講下さい。

・特に理由はないが受講しきれないため
⇒ プラン変更で回数を減らしてください。

※努力の結果どうしても難しかった場合は上記理由でも申請可能とします。

申請のタイミング

理由によって変わってくるのですが、旅行や引越しは事前に予定がわかっていると思いますので、
前の週の日曜日までにご連絡下さい。
インフルエンザやPCの故障などは、突発的ですので、発生時点でなるべく早くご連絡ください。

※前の週に遡った申請は出来ませんのであらかじめご了承下さい。
実は先週旅行に行っていてレッスン出来なかったんですが・・・という状況では受付できませんのでご注意ください。

週の途中で入会、解約、プラン変更した場合の日割り換算

弊社の1週間は月曜から日曜の7日間として考えます。
しかし週の途中で入会、解約、プラン変更した場合は日割りの計算が必要になります。

例1)土曜日に入会(再入会)した場合(月から金は休会)
週の7日のうち、土、日、の2日間お支払い頂いていることになるので、週の回数に「7分の2」を掛けます。
週4回プランの場合、「4 × (2 ÷ 7) = 1.14」となり、補償は4回分ではなく、1.14回分が上限となります。

0.14のような端数はチケットでお渡しします。
チケットは5枚で1回の予約なので、1枚あたり0.2回分の価値があると考えられます。
端数は0.2単位で切り上げて考えるので、1.14回は1.2回に繰り上げられ、「1回分(チケット5枚) + チケット1枚」の補償となります。(予約を1回もしていない場合)

例2)水まで週1回プラン、木は休会、金に週3回プランで再入会した場合
1週間7日のうち、月、火、水の3日が週1回プランなので、「1 × (3 ÷ 7) = 0.42」
1週間7日のうち、金、土、日の3日が週3回プランなので、「3 × (3 ÷ 7) = 1.28」
「0.42 + 1.28 = 1.7」
 ⇒ 0.2単位で繰り上げなので、1.8回が補償の上限となり、「1回分(チケット5枚) + チケット4枚」の補償となります。(予約を1回もしていない場合)

【お休み申請】お申し込みフォーム ≫

「今すぐ予約」無料体験レッスンを試してみる