日本初!子供専門オンライン英会話のリップルキッズパーク

ブレッシー先生のスカイプ名が変更になりました。
新)live:ripplekidsparkblessie

小学生クラス

レッスンテーマ

小学生の子供は、音感の発達、吸収力、脳の柔らかさはそのままに、読む、書く、話す、聞くといったバランスの良い学習が可能になります。
また今まで耳から認識していた英語を、声に出して覚えられる時期。
聞いて覚える英語から、使って覚える英語へとシフトしていきます。

この時期は、日本語の知識が、英語学習に与える影響も強まります。
しかし同時に、論理的思考が可能となり、記憶も長く定着するので、なるべく多くの単語に触れ、積極的に使って覚えることが課題です。

遊びで覚える英会話

学校教育が始まることで、子供は多くの友達から刺激を受けます。
脳の柔らかさ、感性の豊かさを活かしつつ、遊びの中でものごとに触れ、試行錯誤を繰り返しながらコミュニケーション能力を高めていきます。

小学生になると、子供は言葉の意味をはっきりと理解しています。
耳からインプットした単語を、楽しいツールとして使い始める年頃。
会話がそのまま遊びとなるため、英語を話す力も自然に早くなります。
小学生の子供は、遊び感覚で英語を使って覚えることができるのです。

小学校低学年

低学年のレッスンは、感性と論理性を同時に刺激します。
目や耳で英語に触れながら、文字と音から英語の規則を理解します。
文字と音との関係をつなげることで、発音のルールが見えるようになり、
先生の英語を文字にしたり、文字を読んで発音ができるようになります。

このレッスンにもまた、親御さんのご協力が大切です。
子供が自分の力で英語を読み、発音するためには、達成感が大切です。
覚えること、声に出すことが快感になるように、積極的に褒めましょう。

ポイントは、子供が英語を楽しむ姿に、親御さんが喜んであげること。
学校教育のような、正解ばかりを問う環境は、子供にとってストレスです。
正しさではなく、楽しむ姿を褒められることで、子供のやる気は高まり、単語レベルから、文章レベルの英会話へと発展する向上心が芽生えます。

小学校高学年

小学校高学年のレッスンは、子供の自信と好奇心を刺激します。
高学年になると、大人顔負けの言葉を使い、理屈で考える場面も増えます。
また英語の耳を作る最後の境界線とも言われ、日本語の影響も強まるので、耳が英語を吸収できるうちに、多くの英語に触れることが重要です。

このレッスンでは、子供の好奇心を刺激することがポイントです。
子供は知的好奇心が高く、つねに新しい何かに興味を持ちたがります。
英会話を通じて知る世界は、子供に新しい刺激を与え続けてくれます。

好奇心を刺激するには、誰かに認められたり、褒められることも大事です。
知識を得たことに自信が持てれば、何かを知りたい気持ちはさらに高まります。
親御さんの褒め言葉は、英会話の上達において、子供に大きな自信を与えるため、褒められたいという願望は、もっと英語を知りたいという好奇心に発展します。
英語を話せるようになりたいと、自ら思える環境づくりが英語力を伸ばす鍵です。

選べるレッスン料金

英会話スクールの月謝は高い?ちょっと待って!
私たちは、低価格、安心、満足の選べるレッスン料金をご用意しました。
ご都合やご予算に合わせて選択、もちろん月ごとの変更も可能です。

料金表

無料会員登録


≪ 「先生・予約状況」を見てみる 「料金/お支払い」を見てみる ≫


このページの先頭へ

Friend me.
My mixi me.