日本初!子供専門オンライン英会話のリップルキッズパーク

エンジェル先生、マリス先生、ハナ先生、ベル先生の無料実地研修にご協力をお願いいたします。

なぜ!?子どもに英語教育が必要なの?

英会話を取り巻く現状

世の中では今、英語の必要性を叫ぶ声がとても強くなっています。
2011年から始まる小学校の英語必修化は、その代表的な例でしょう。

英語を身につけるうえで本当に重要なことは何か、それは「会話」です。
ところが多くの日本人は、テストには強くても会話となるとまるで弱いのが実情。
私たちは学校教育の中で、日常生活に必要な英単語をすでに十分学んでいます。
それにもかかわらず、実際に会話を目の前にしては、なかなかその単語が出ない。

それは覚えた英語を実践する、英会話の場が極めて少ないからなのです。

なぜ子供に英会話が必要なの?
2011年、ついに小学校で英語の授業がスタート

2011年度から、小学校で英語の授業が必修になるのをご存知ですか?
今までの中学・高校英語では、読解や筆記など、文字の読み書きが中心でした。
しかし残念ながら、この方法では英語をまったく話せるようになりません。
これは私自身も、そして多くの親御さんも身にしみて感じることでしょう。

その点が見直され、小学校からの英語では、聞き取れるようになること、
話せるようになること、つまりコミュニケーションが中心の授業となります。
5年生と6年生で、毎週1コマずつ、2年間でおよそ100時間にも及ぶ授業量。
英語が苦手科目となるか、得意科目となるかはここで決まるかもしれません。
得意だから好き、好きだから勉強する、勉強が習慣になればしめたもの。
クラスメイトに差をつけるためにも、今すぐリップル・キッズパークへ。

子供の憧れの職業にも英語が不可欠

プロゴルファーの石川遼選手が、英語で記者会見する姿をご存知ですか?
メジャーで活躍するプロ野球選手、海外リーグで活躍するサッカー選手など、 子供たちが夢見るプロスポーツ選手にも、今や英語が必要な時代となりました。
また医者や弁護士など、親たちが望む子供の職業にも英語は不可欠なものです。

もちろんプロ野球選手を目指すには、何よりもまず野球の技術が大事。
医者や弁護士になるにも、それぞれの専門知識がなければ資格も得られません。
しかしだからこそ、貴重な勉強時間を苦手な英語に奪われるのはもったいない。
スポーツなら技術の、専門家なら専門知識の修得に誰もが集中したいはず。
早くから英語を身につけておけば、夢のためにすべての努力を向けられます。
子供の夢を叶えるためにも、今すぐリップル・キッズパークへ。

英語ができる人、できない人、給与の差はなんと200万円

英語が得意かどうかで、年収格差が200万円も開いているのをご存知ですか?
しかも仕事内容の調査では、多くが社内的なやりとりやちょっとした英文読解、 簡単な英文メールの作成で、ハイレベルな英語力が必要なケースは稀なのです。
それでも英語ができる人は、できない同年代より200万円も給与が多い。

これは日本人特有の完璧主義や、恥の文化を持つことが原因だと言われます。
単語の使い方は正確か、この文法は正しいかなど、間違いに対する恥ずかしさや
恐怖心から、英語を使うことに臆病になり、勝手に敷居が高まってしまうのです。
ただし、こうした国民性のおかげで、英語力に高い給与が支払われることも事実。
敷居の高さを感じる前に英会話慣れすることが、将来の給与を左右するとしたら。
安定した収入と豊かな暮らしのためにも、今すぐリップル・キッズパークへ。

ネイティブな英語を身につけられるのは子供時代だけ

子供は3歳を過ぎると、言葉を「意味」として認識するのをご存知ですか?
それまでは、英語も日本語もなく、子供は言葉を単なる音として認識しています。
日本語の意味が固まるほど、英語の意味への変換に時間がかかってしまうため、 まだ耳の柔らかい子供時代に、きれいな英語に馴染ませることが大切なのです。

中学生になると、今度は単語や文法についての知識がある程度ついてくるため、
使い方の正しさばかりに気を取られ、積極的な会話ができなくなってしまいます。
また日本語の口の開き方が横型中心なのに対して、英語は縦型中心の開き方。
長らく日本語を話していると、口の筋肉が横型中心のまま硬くなってしまいます。
そうして子供時代を逃すと、心も体も英語を受け付けなくなってしまうのです。
子供の未来の可能性のためにも、今すぐリップル・キッズパークへ。

≪ 「HOME」に戻る
≪ 「クラスについて」に戻る

このページの先頭へ

Friend me.
My mixi me.