英会話の習い事を子どものうちから続けるメリット


英会話の習い事を子どものうちから続けるメリット

子どもが小さなうちからさせたい習い事のなかで、高い人気を誇るのが「英会話」です。今後のグローバル化社会を見据えれば、将来英会話能力があって困ることはありません。

しかし、なかには学生になると部活や他の習い事が忙しくなり、子どもの頃から続けている英会話の習い事を諦めてしまう方もいらっしゃいます。

子どもの頃から始めた英会話の習い事は、上記以外にもさまざまなメリットをもたらしてくれます。英会話の習い事を長く続け、今後の社会で役立つ英会話を身につける助けとしてみてはいかがでしょうか。

英語脳や英語耳が作りやすくなる

小さな子どもの脳は、新たな言語を吸収しやすいといわれています。

脳科学の観点からいえば、英語の発音をそのまま真似できる「英語耳」や英語を日本語に訳することなく理解できる「英語脳」を作りやすいのは、10歳前後までともいわれているのです。

小さいうちから英語を習わせて脳や耳を慣れさせておくことで、年齢を重ねても英語を習得しやすくなるというメリットが期待できるでしょう。

英語の自発的な学習につながる

英会話の習い事を子どものうちから続けるメリット

小さなうちからオンライン英会話で英語を使ったり、英会話スクールの教室で英語に触れることで、英語が身近なものに感じやすくなります。また、学校の授業のような強制的に言葉を覚えなければならない環境と違って、英語の楽しさをメインに感じることで親しみを持ちやすくなるでしょう。

それにより、「英語を話すことは楽しいこと」「英語は自分の世界を広げてくれるもの」といったポジティブなイメージを持ちやすくなります。

こういった英語に対する“プラスのイメージ”が、今後英語を積極的に学ぼうとする姿勢につながります。

英会話を学ぶことで協調性が身につく

子どもが小さい頃の英語学習は、基本的に「話す」と「聞く」といったコミュニケーションに重点が置かれています。そのため、生涯にわたり役に立つコミュニケーション能力や協調性が身につきやすくなりますし、英語の発音に対する恥じらいなども感じにくくなります。

英会話の習い事は子どものうちから続けることが大切

英会話を長く続けるには、通いやすさや価格、子どもが内容を理解できているかが大切です。

特に、小さな頃では負担にならなかった家の近くにある英会話スクールの月謝も、スポーツを始めたり、他の習い事を始めると家計を圧迫する要因になりやすいです。

その点、オンライン英会話なら一般的な英会話スクールよりも金額が安いため、気軽に通わせやすい習い事のひとつだといえるでしょう。また、子どものレベルに合った内容を教えてくれるので、ついていけなくなる心配もありません。

子どもの将来の選択肢を広げるためにも早い段階から英語を習わせて、親しみを持たせてみてはいかがでしょうか。


オンライン英会話リップルキッズパークを詳しく知りたい方はこちら

オンライン英会話リップルキッズパーク,無料体験レッスン申し込みはこちらから

*
*

pagetop