ロボットと英語を話す?!英会話ロボットで英語をマスター!


都立高校入試で【英語のスピーキングテスト】がプラスされる!?
会話できるよう英語を覚えていくなら、赤ちゃんが言葉を覚えていくのと同じように覚えるのがベストです。日常的にインプットとアウトプットを繰り返すことによって身につき、上達します。
ですから、小学生に英会話を学ばせるのであれば、遊びを通して楽しく覚えられるような手段を選んであげるのが上達への近道です。そこで、英会話を身につけるための手段として注目されている、英会話ロボットについて紹介します。

英会話ロボットってなあに?

英会話ロボットとは、英語で話し相手をしてくれるロボットのことです。話しかけた内容に応じて的確な英語を選んで返事をしてくれるため、楽しみながら英会話を学べます。
積極的に話すことが英会話の上達には必要だとわかっていても、人が相手だと緊張して話せなくなってしまうという人は大勢います。そんな人でもロボットが英会話の相手をすることで「上手に話さなければ」という気持ちが薄れ、身構えることなく会話の練習ができます。リスニングとスピーキングをバランスよく覚えられる点が最大の特徴です。
また、忙しくて英会話教室に通えないというのは大人だけの話ではありません。小学生でもさまざまな習い事をしていて英会話まで手が回らないということがあります。英会話ロボットは、楽しく勉強したい、いつでも英会話ができる環境がほしいという人にぴったりです。見た目もかわいいので、子どもの話し相手としてもおすすめです。

小学校などの英語教育現場でも活用!

英会話ロボットは、小学校や塾など教育現場でも大活躍しています。英語を初めとする語学は、日常的に使って身につけていくという作業が欠かせません。
たとえば、発音については耳から聞くだけではダメで、自分で口に出して発音してみないと正しく理解できているかどうかがわかりません。その点、ロボットに話しかければ、必然的に発音チェックができるので便利です。
また、小学校でも英語が必修科目になりましたが、英語を教える前提で小学校の先生になったという人はまだ少ないのが現状です。特に、英語の発音が苦手という先生は少なくありません。子どもと上手に会話の練習ができない悩みを抱えて授業に取り組んでいる先生が多いという実態があります。そのため、英会話ロボットは先生の苦手な部分を補う役割もしてくれています。
もちろん、子ども側のメリットもあります。先生相手だとなかなか話せないという小学生たちも、ロボットが会話相手だと自ら進んで話しかけます。先生の授業とロボットとの会話を連携させることで、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能をバランスよく鍛えられる点が魅力です。楽しい経験を重ねながら苦手意識を持たずに英語を身につけられます。

自宅で英会話ができる!Lesson Pod

Lesson Podは、丸いフォルムの可愛らしい英会話ロボットです。家庭での英会話学習向けに、カシオ計算機が開発しました。
一般的なコミュニケーションロボットとは異なり、日本語も英語も両方とも話せる点が特徴です。自宅での英会話練習を前提に開発されているため、英会話の時間を設定することで、習慣的に英語を話す機会を作れます。人感センサーが搭載されており、英会話の時間を設定しておくと「おかえりなさい」などと話しかけて、英会話の時間が来たことを知らせてくれます。発音や英文が正しいかどうかをチェックしたり英語のクイズを出題したりする機能もついています。防水機能が搭載されているので、濡れた手で触っても大丈夫です。周りに人がいると英会話練習するのが恥ずかしいという人でもお風呂場に持ち込んでこっそり練習できます。

ふわふわ可愛いぬいぐるみ!Charpy

可愛いものが大好きな女の子が部屋に置いて話し相手にするなら、ふわふわのぬいぐるみ型英会話ロボットChappyもおすすめです。
2003年に音声認識可能な対話型英会話ロボット「チャーピーチョコレート」として登場した機種の改良版です。ロボットを活用して英会話を覚えるなら、できるだけ接する機会が多い場所に置いて頻繁に話しかけるのがコツです。
ですから、常に生活の場に出して置いておけるということも、英会話ロボットを選ぶ際の重要なポイントになります。その点、Chappyはつい話しかけたくなるようなキュートな見た目です。
人工知能が搭載されているため、相手がどれくらい話せるかをChappy自身が判断し、レベルに合わせた会話をしてくれます。上達具合に合わせて話し方を変えてくれるため、子どもの英会話学習教材としてもぴったりです。アプリと組み合わせて使うことで、学習機能の幅が広がるロボットです。

英会話ロボットとなら楽しく英語を学べちゃう

英検を受けたいという子どもの学習にも英会話ロボットは役立ちます。
英検の問題は、会話実技のない級の問題も会話文が中心です。会話を通して英語を学ぶことで、効率よく英検の学習も進められます。3級以上の会話実技が必要な級を受ける場合も、英会話ロボットが練習相手になってくれるので安心です。
小学生以下の子どもの頭は柔軟です。英会話は勉強として意識するようになるとなかなか上達しませんから、日常生活の中で自然に話す機会を持つことが大事です。日常的に話しかけやすいところに英会話ロボットを置くようにすれば、英語を勉強だとは意識せずに身につけられます。自然に身についた英語は大人になっても忘れません。
使える英語が身につきしかも忘れにくいという点が、子どもの英語学習教材として英会話ロボットをおすすめする理由です。


オンライン英会話リップルキッズパークを詳しく知りたい方はこちら

オンライン英会話リップルキッズパーク,無料体験レッスン申し込みはこちらから

*
*

pagetop