需要が高いのはどっち? 英語と中国語、これから役立つ言語を徹底比較


需要が高いのはどっち? 英語と中国語、これから役立つ言語を徹底比較

一昔前に比べると、日本での英語に対する関心や教育は向上しているといえ、小さなお子さまからビジネスパーソンまで、多くの方が英会話を学んでいます。
しかしその一方で、「英語だけでなく中国語の需要が高まっている」という説が注目されていることをご存知でしょうか? 
とくに日本は中国との貿易を多く行っており、ビジネスシーンでは深い関係にあるといえます。これからの時代では、英語よりも中国語を話せる人材の需要が高くなると考えられているのです。とはいえ、世界の共通語である英語もまだまだ需要が高いもの。グローバルに活躍する人材になるためには、英語と中国語のどちらを学ぶべきなのでしょうか。
今回は、英語と中国語、それぞれを学ぶメリットをご紹介いたします。

世界の共通語に君臨し続ける「英語」の需要&学ぶメリット

近年では、メディアや広告で「中国語を学ぼう」という言葉を目にすることが多くなりました。このことから、中国が世界に対して大きな影響力を与えていることや、中国語の需要が高まっていることがわかります。
しかし、中国語が主に活躍する場面といえば、中国とのビジネスシーンや中国語圏への旅行時です。これだけでも中国語を学ぶ理由にはなりますが、英語に比べると活躍シーンが限定されているといえます。
英語は言わずと知れた世界の共通語です。欧米だけでなく、たくさんの国々で英語が使われており、ビジネスシーンはもちろん観光時には英語力が必須となります。
英語を学ぶことによって、国を限定せずにたくさんの国の人々とコミュニケーションが取れるようになるのです。ビジネス業界に中国が大きく進出しているとはいえ、コミュニケーションの基本は英語だと言っても過言ではないでしょう。

発展目覚ましい「中国語」の需要&メリット[

英語を学ぶメリットに対する中国語のメリットといえば、希少性の高さといえるでしょう。
英語を扱える人口に対して中国語を扱える人口は少ないため、中国語を話せる人材はさまざまな場面で優遇されます。
このことから、中国語を話せることで就職や転職時に大きな武器になることがわかります。
今やグローバルな人材になるためには英語は必須項目といえますが、プラスαで中国語というスキルを持っていることで、周りと一歩差をつけることができるのです。
とくに貿易関係や航空関係などの仕事では中国語のスキルが大いに役立つといえるでしょう。

需要が高いのはどっち? 英語と中国語、これから役立つ言語を徹底比較

英語を学ぶメリットと中国語を学ぶメリットを比較してみると、どちらも甲乙つけがたい重要な言語であることがわかります。
しかし、学びに優先順位をつけるのであれば、まずは英語を学ぶことをおすすめします。
先述している通り、今や英語力は社会において必須のスキルともいえます。世界で活躍するためには実用的な英語力を身につけることが大切です。
そのためには、気軽に始められるオンライン英会話などがおすすめです。楽しみながら好きな時間に英会話を学ぶことができ、プロによる指導で実用的な会話を習得することもできます。ぜひ一度、無料の体験レッスンをお試しください。


オンライン英会話リップルキッズパークを詳しく知りたい方はこちら

オンライン英会話リップルキッズパーク,無料体験レッスン申し込みはこちらから

*
*

pagetop